GArchbiz.com

販路拡大

2018/7/16

ヨーロッパの小国 アイスランド・マルタ共和国

1990年代、私がメーカーの海外営業をしていた時、ヨーロッパは保護主義が非常に強く、また大手の競合がひしめき合っていたため、一旦小国を攻めてみようと、アイスランド、マルタ共和国に営業をスタートしました。 大手が目もくれない市場だったので、短期間に市場の大部分を抑えることができました。アイスランドは人口33万人、マルタ共和国は40万人と小さな国でしたが、市場占有率NO1になり非常に大きな宣伝になりました。その上で、中心市場を攻めていきました。 アイスランドは数回訪れましたが、温泉も豊富で観光にも最適な国です ...

new york xmas 5th avenue

文化・慣習

2018/6/18

New Yorkの年始年末

今年はワイフと共にクリスマスシーズンのNewYorkに行きました。昔からの伝統の5番街サックスフィフス百貨店前のクリスマスショーケースに加え、流行りのプロジェクトマッピングも加わりとても華やかで賑わっていました。特に今年はトランプ政権の後押しも手伝って、小売りの売り上げが相当持ち直したようです。ちなみに、アメリカの場合、12月中頃ともなれば、多くの人が長期休暇を取得、クリスマスには家族と教会にミサへ、そして1月2日には日常に戻るというお国柄。 ですので、アメリカ人とビジネスをする場合、12月に入ったら要注 ...

体制強化

2018/6/18

カナダの特徴

カナダには約7年間、現地法人で社長をしていました。現法の本社はトロント、全カナダを網羅する支店、営業所がありました。東から、ハリファクス、モントリオール、オタワ、ウィニペグ、カルガリー、バンクーバー、ビクトリア等、広範囲に渡ります。 私が最初にカナダで仕事に従事していたころは、カナダの全人口は2500万人程でしたが、現在は、既に3600万人と大幅に膨れ上がっています。これは、移民政策の結果で、特に、中国人、インド人が顕著です。最近訪問してみると、特にトロント、バンクーバーは、ここはカナダなのかアジアなのか ...

海外進出

2018/7/16

メキシコでのビジネスの立ち上げの検討

アメリカ、メキシコでのビジネスの立ち上げについて、最近、両国の比較検討をしました。メキシコは土地、建物、人件費は非常に安く、大きな利点になっています。一方で、アメリカは総合的なインフラが整い進出の下地はメキシコに比べて優位と言えます。 NAFTAが有効であった過去は進出目的においては非常にアメリカ、メキシコの選択が困難であったのは事実です。しかしながら、現段階ではメキシコへの進出はお勧めできないというのが私の考えです。 NAFTAが有効であった時期でも、メキシコでは人材の雇用継続が難しく、安定した経営、生 ...

販路拡大

2018/7/16

ブラジルでのビジネス展開と現地の日系社会

ブラジルには過去に幾度となく訪問しました。完成品を輸出するのは難しく、現地メーカーとの提携で、ノックダウン製造、あるいは委託製造をして販路を構築していくしか方法がありません。その背景としては、ご存知の様に、ブラジルは今だ関税が高く日本から直接輸出してビジネスを展開するのは、まだ非常に難しい地域の一つだからです、その上、まだ、保護主義が強い国でもあります。 ブラジルは南米(中南米を含む)においてメルコスールというFTAグループに属していますが、その地域で製造展開するのは資金力を持つ大手以外は非常に困難である ...

英語・語学

2018/6/18

南アフリカ共和国の特殊な英語表現

1990年代後半、仕事でアフリカに行きました。自分でもビジネスでアフリカに行くとは全く想像していませんでした。その国は南アフリカ共和国です。ご存知の様に、ネルソンマンデラは、25年以上投獄され、1994年から1999年大統領を務め、多くの差別文化を変革。非常に素晴らしい人物で、私は心から尊敬しています。 私が訪問した時期はまだ、差別意識が十分残っており、ヨハネスブルグでは、今までに見たことのない黒人の群衆がおり、現地のビジネスパートナーから車外に出ないように強く言われました。一方で白人は郊外の裕福な地域で ...

ローマ

英語・語学

2018/6/18

英語一口メモ1 Bless Youの意味

英語圏でくしゃみをした合、”Bless You”と言われる理由をご存知ですか? 言語を学ぶ場合、2つの方向性があります。1つは深く考えないで、使う背景と使う言葉を疑問を持たずに使う方法、もう1つは、その表現が使われる背景、歴史を分かったうえで使う方法、どちらも間違いではありません、が私は後者の方法で使っています。 ”Bless You"ですが、使われる背景には2つ有ります、 1つは、その習慣が祈りの言葉として始まったものである、西暦590年にローマで腺ペストが流行し、くしゃみは、その初期症状と思われていて ...

英語・語学

2018/8/11

英語一口メモ2 独特の言い回し

商談などで英語でネイティブと話をしていると独特な言い回しに遭遇することがあると思います。そのような言い回しを使いこなせるようになれば、少しは、できると相手に思ってもらえるのでは、その一部を紹介します。 As cool as a cucumber: 冷静だ He is as cool as a cucumber 彼は冷静な人だ。 Sell like hot cakes: どんど売れる Our new product is going like hot cakes so far. 私たちの新商品は、今のところ ...

歴史・背景・イベント

2018/6/18

スコットランド、エディンバラ

1979年にロンドンに留学をして、その夏に、イギリス全土を友人とレンタカーを借りて回りました。ロンドンからケンブリッジ、オックスフォード、ストラトアーポンエイボン(シェイクスピアの聖地)、リバプール、マンチェスター、バーミンガム、エディンバラ、インバーネス、ヨークシャーなど多くの街を訪問しました。 その中で、特に印象の残っているのが、エディンバラです。スコットランドに位置しており、イングランドとは空気、文化が全く違い、地元の住人は、自分をスコットランド人と言っていました。特に、エディンバラ城に行っ時、中世 ...

Copyright© ジーアーチコンサルティング (GArch Consulting) , 2019 All Rights Reserved.