経営戦略

海外進出 サポート 販路拡大 現地調査(FS)

アメリカ進出(臨床開発・医療・バイオ関連)事業展開サポート

米国での臨床開発・事業展開へのサポート(バイオ関連) アメリカにおける拠点開設、臨床開発、FDA申請、商業戦略・実行、人材採用・チーム・組織形成、パートナーシップ等、米国での事業展開を現地専門家チーム・パートナーと協力して、支援します。 サービス内容 以下のサービスを、必要に応じて選択可能。ご要望に基づいて、提案書を作成いたします。 開発戦略支援(マーケティング戦略、ターゲット・プロファイル、競争状況・経済分析、コマーシャル戦略に応じた開発戦略策定、規制・申請戦略、プロフェッショナル採用、専門コンサルタン ...

海外進出 サポート 販路拡大 現地調査(FS)

アメリカ進出(日本の食品・食材・商品)・事業展開サポート

日本のユニークな食品・商品のアメリカ市場への輸出・製造・販売・店舗展開サポート 日本のユニークな食品、特にオールナチュラル・サステナブル・トレーサブルな商品の、米国への輸出、米国での製造・販売等、米国での事業展開を現地パートナーと協力して、支援・代行します。  サービス内容 以下のサービスを、必要に応じて選択可能。ご要望に基づいて、提案書を作成いたします。 商品の開発支援・代行:米国のトップクラスの顧客(高級スーパー等)への営業。顧客が重要視する内容を盛り込んだプレゼンテーション作成。サンプル・パッケージ ...

海外進出 販路拡大 現地調査(FS) 経営改善 体制強化

Tier 2部品メーカー30年後の未来予測(世界人口の推移と電動・自動運転化)

電動・自動化が急速に変化が有りますが、30年後のTier 2メーカーはどのようになっているでしょうか?今回、Tier 2メーカーにとって30年後も成長し続けるには今何を最優先に考え、行動を起こすべきなのか等を世界人口の推移、将来の自動運転時代の生産体制等を交え考察してみたいと思います。 世界の人口の推移予測 ●2020年と2050年においての主要な人口の推移は下記のように予測できます。   【日本】 1.25憶人→1億人前後 【アメリカ】 3.3億人→4億人    【中国】14.2憶人→13.6憶人 【イ ...

海外進出 販路拡大 現地調査(FS)

【バージニア州経済開発機構協賛】アレンジ自在!日本語通訳とともにバージニア州への視察旅行5泊7日モデルプラン

弊社ではテーラーメイド視察旅行を提供しております。 視察のすすめ アメリカへの進出の第一歩はまず自分の目で見て、自分の耳で聞き、どのような人たちと関わりを持っていくのかを知ることから始まります。一見、アメリカは非常に広大で且つ、掴みどころがない国のように思われがちですが、決してそうではありません。明確な目的を持ち、適切な場所、団体、人に会うことができれば思った以上に選択肢が広がり、視界は大きく広がります。各州は外国企業への支援は積極的でできる限り誘致を推進していく方向性は同一であると思います、また 各州は ...

海外進出 販路拡大 経済事情・変遷

アメリカ市場への挑戦(物流機器②)

物流業界の自動化の流れ 2007年に二つの重量の採用が航空貨物だけではなく、地上輸送便(トラック、鉄道等)にも適用されるようになり、前回のアメリカ市場への挑戦(物流機器①)で述べた装置の需要がさらに伸びました。 需要の伸びへの対応として装置の処理能力及び精度の向上を図り、さらなる需要に向けて販売展開を積極的に行い満足のいく結果が残せました。 物流の急拡大と人員不足への対応 一方、世界的なトレンドとして、ネット通販量の驚異的な拡大はますます加速。その物流量を処理する能力を持った装置の更なる開発だけではなく、 ...

海外進出 販路拡大 経営改善 経済事情・変遷

アメリカ市場への挑戦(物流機器①)

物流業界における課金制度の変遷 アメリカ市場に挑戦。今回はアメリカ物流業界の最大手にどのように挑み、最終的には新規に物流機器を納めることに成功したのか、その隠されたポイントについて、実例を交えご紹介します。 アメリカの物流概要 アメリカの貨物や荷物を運ぶ手段は、飛行機とトラックが主流。日本とは異なり、鉄道輸送の頻度は高くありません。 ユーザーが荷物の配達を依頼する場合、普通便、速達便があり、一般的に普通便はトラック、速達便は主に飛行機を使用して配達されます。 旧配送料金の計算方法 その配送料金(ユーザーへ ...

海外進出 販路拡大 体制強化

海外ビジネス成功の要因(必要な人材確保)

海外ビジネスの形態 海外進出には色々な形態が有ります。 例えば、製品をアメリカへ輸出し現地で販売活動を主体的に行うためには、販売子会社。 製品をアメリカで生産し既存の取引先、或いは、新規顧客を獲得するためには、現地工場を備えた法人。 その段階に至る前の調査、FSを行う場合は、駐在員事務所の設立等が一般的。 進出の成功の鍵の大きな一つは人材の確保 それぞれ進出の形態に沿った人材を適時に確保することは、海外ビジネスを成功させるための大きな要因の一つです。 進出の形態に応じ、まずは、社内で下記のスキルを有する人 ...

海外進出 現地調査(FS)

アメリカ進出前に必ずチェックするべき項目(Tier2の部品メーカーの挑戦)

日系自動車関連会社の立ち上げ時 今回は部品メーカー、特に自動車関連の部品メーカーのアメリカ進出において必ず押さえるべきポイントを中心に述べていきます。 日系自動車メーカーは、アメリカに既に20工場以上の生産設備を持ち、Tier1及びTier2の部品メーカーも多くがアメリカ進出を果たし現地で生産を行っています。アメリカへは他国の自動車メーカーに先んじて、貿易摩擦が有ったものの、進出を短期間に推進。今では日系であるものの、アメリカ企業として認知され、多くのアメリカ労働者を雇用し、日本経済だけでなく、アメリカの ...

海外進出 現地調査(FS)

アメリカ海外進出の準備(現地調査におけるプロフェッショナルズの選択)

プロフェッショナルズの重要性 海外進出に向け、現地の頼れるパートナー探しは重要。パートナーとの連携の良さ、深さで進出の成功如何が大きく左右されることも多いため、慎重に選択をした上で、協議をスタートしてください。 海外進出先における主な現地のパートナーとしては下記が挙げられます。 州政府協会・会計事務所・弁護士事務所・物流関連企業・不動産関連企業・既存ユーザー・潜在ユーザー・リクルート関連企業等 今回は、進出先の弁護士、会計事務所を選択する時に留意するべきポイントについて、私の経験も交えつつご紹介します。こ ...

Copyright© ジーアーチコンサルティング (GArch Consulting) , 2019 All Rights Reserved.