文化・慣習

はじめての方

New, York 1

海外ビジネスコンサルティングのご案内 30年超の海外ビジネスで培ったノウハウ、人脈・グローバルネットワーク、豊富な経験と実績の頼れるパートナーが海外ビジネスの成功をしっかり後押し 弊社コンサルティング ...

New York 2

コンサルティングサービスの流れ(全体) step1お問い合わせ ご質問やご相談等、お問い合わせフォーム、E-mail(Info@garch.jp)、またはお電話(03-6278-7085)・FAX(0 ...

グローバル 3

[I~III] 段階別アメリカ進出成功マニュアル(段階毎に押さえるべきポイントを解説) 海外ビジネス30年超のプロが教える、海外進出で成功するために必ず押さえておくべき必須事項と手順について、実務家・ ...

海外進出 現地調査(FS) 海外関連情報等 歴史・背景・イベント 文化・慣習 旅行・レジャー・その他

2019/2/6

アメリカシリコンバレーへの視察旅行

○アメリカ・カリフォルニア州、シリコンバレーを視察訪問してみませんか?今まさに第四次産業革命(AI、ロボット、自動化)の波と人口減少、高齢化社会が我が国に迫ってきています。このような状況を先取りし、今後の展開に役立ててもらえればと思い、今回の視察旅行のモデルプランを企画しました。是非、ご一考頂ければ幸いです。 ○日本語コーディネーターとともにシリコンバレーのIT関連企業を公式入場訪問!現地企業と事前に正式にアポイントを取り、企業内を公に訪問し、しかるべき担当者に企業内を案内していただき、かつ訪問先企業の業 ...

文化・慣習

2018/8/18

ドイツ車ベンツとアメリカ車GM

日本車の選択 私の車の変遷は多岐にわたります。まず日産のサニーから始まり、マツダで働いていた時はマツダ車が必須だったのでファミリアの新古車を購入し通勤していました。その後、本田のアコードに乗り換えた時点で日本車とはお別れにしました。マツダに居た頃1883-1985年は、生産ラインの工作機の調達を行っていました、その当時、マツダは経営難からアメリカのフォードの資本を受け入れており、マツダの本社工場(広島府中)には多くのフォードからのスタッフも居ました。日系自動車メーカーがアメリカに工場建設に拍車をかけ始めて ...

海外進出 交渉 経済事情・変遷 歴史・背景・イベント 文化・慣習

2018/8/18

中国の世界遺産、中国とのビジネス交渉のコツ

中国への訪問 中国へ初めて訪問したのは1990年中頃です、その頃は、まだ中国の驚異的な経済は続いていたものの、まだまだ経済的には大国として認知されていませんでした。2008年にオリンピック、2010年に万博が開催されて、その年に名目GDP世界2位になりました。1995年頃の中国はまだまだ、古き良き中国が至る所にありました。車の数の多くなく、渋滞に遭遇したことはなく、中国での移動は非常にスムーズにできた記憶があります。今までの私のビジネスは北米を中心でしたので、不安と期待が入り、多くの地域を訪問しました。例 ...

文化・慣習

2018/4/29

北欧の美しさ

私は北欧に関して非常に憧れがありました。一つはサンタクロースの起点であり、一つは、ノーベル賞の起点であることです。 仕事でスウェーデンのストックホルム及びノルウェーのオスロには数回訪問したことがあります。ヨーロッパの主要な都市とは、空気、人々の息づかいが違ったよう思いました。一言で言うと、透明感であろうと思いました。 北欧はビジネスよりも、人々の福祉、幸せを重点に掲げており、人々の表情が穏やかであるように思いました。 一方で、Ikea、Volvo、Ericsson等ユニークで力強い企業も沢山在ります、今後 ...

現地調査(FS) 文化・慣習

2018/8/11

アメリカ、シカゴの特徴

シカゴは、ニューヨーク、ロスなどと違い古き良きアメリカを持ち続けている大都会であると思います。 私のシカゴとの繋がりは、アメリカへ初めて来た、1983年から始まります。大きな展示会の主催都市として、世界各国から企業を誘致。展示会場として、有名なのはマコーミック国際展示場。私が主体的に動いた機器関連の展示会も、マコーミックで毎年、ゴールデンウイーク時に開催され、20年近く、ゴールデンウイーク時は、日本に居たことはありません。でも、代休を取ってリフレッシュはできました。 シカゴは色々な人種が混在しているニュー ...

文化・慣習

2018/3/30

フィリピンでの苦い思い出

1990年代後半に流通機器の販売代理店設定の目的でフィリピンのマニラを3度訪問したことがあります。とても活気があり、車の渋滞が常に存在していたように思います。街にはジープニーという乗り合いバスが人々の交通手段であったと記憶しています。もともと、スペインの植民地であったため、ヨーロッパの風景も感じる所が沢山ありました。日本とは太平洋戦争関連でいろいろありましたが、基本的に親日の文化を感じました。 食事は、スペイン風、アジア風、中華風と選択肢は豊富にありましたが、私は基本的に日本食を主に食べていました。日本へ ...

文化・慣習

2018/3/30

カリフォルニア州サンフランシスコの近郊サンマテオ

1990年代中頃に私はサンフランシスコ近郊のサンマテオという下町の香りを残している街に住んでいました、期間は約4年間、サンマテオはサンフランシスコ空港から15分程、シリコンバレーには40分程、そしてサンフランシスコダウンタウンへは30分程で行ける非常に便利な立地条件に位置していました、治安も良く、日本人駐在員も多く、且つ、日本雑貨店、日本食レストランも沢山あり、非常に暮らしやすかったです。 職場はサンマテオブリッジを東に向けて渡り、東岸のヘイワードという工業地帯に在り、毎日、朝焼けに向けて出勤し、夕焼けに ...

文化・慣習

2018/3/30

ケイジャン料理とバーボンストリート

アメリカに行くとケイジャン料理を良く耳にすると思いますが、果たして、ケイジャンとは何でしょうか?私も当初はまったく分からなかったです。 ケイジャンとはアカディア人を意味します。北米にあるフランスのアカディア植民地に移住していたフランス系カナダ人でアメリカのルイジアナ州に移住したその子孫です。18世紀半ばのフレンチインディアン戦争の際、イギリス国に忠誠表明を拒否し、当時のフランス植民地でスペイン領になったルイジアナ州ニューオーリンズに定着した集団です。今でもケイジャンフランス語と呼ばれる方言を使っている人が ...

文化・慣習

2018/3/30

イギリスのグルメ

皆さんは、イギリス料理に関してどのような印象をお持ちですか?私は留学した当時は20歳代前半だったので、料理に関してはあまり興味は無く、お腹が一杯になればOKでした。 幸いにも、私がHome Stayした家庭のお母さんの料理はとても美味しく、毎日、食生活は充実しており非常に幸運でした。 イギリスにおいて代表的な料理は、フィシュアンドチップスでしょうか。このほか、ローストビーフ、ヨークシャープデイングは特別な日、例えばクリスマス、誕生日にありつくことが出来ました。その料理のあまりの美味しさに驚いたことを覚えて ...

Copyright© ジーアーチコンサルティング (GArch Consulting) , 2019 All Rights Reserved.