海外進出と予備調査

海外進出 サポート 販路拡大 現地調査(FS)

2018/11/7

アメリカ進出(日本の食品・食材・商品)・事業展開サポート

日本のユニークな食品・商品のアメリカ市場への輸出・製造・販売・店舗展開サポート 日本のユニークな食品、特にオールナチュラル・サステナブル・トレーサブルな商品の、米国への輸出、米国での製造・販売等、米国での事業展開を現地パートナーと協力して、支援・代行します。  サービス内容 以下のサービスを、必要に応じて選択可能。ご要望に基づいて、提案書を作成いたします。 商品の開発支援・代行:米国のトップクラスの顧客(高級スーパー等)への営業。顧客が重要視する内容を盛り込んだプレゼンテーション作成。サンプル・パッケージ ...

海外進出 サポート 販路拡大 現地調査(FS)

2018/10/28

東京とニューヨークのダブルサポートプログラム

ジーアーチ株式会社(日本:東京)と弊社パートナー(アメリカ:ニューヨーク)からダブルサポート  支援可能な業態:自動車、精密機器、物流、食品、店舗展開、バイオ、医療関連                            弊社(東京)、パートナー(ニューヨーク)からのダブルサポート                      下記1,2,3,5(A)は弊社との契約、その他は要望に応じ弊社、NYのパートナーを含めた3社契約とします ・プログラム内容と標準費用は、あくまで目安となります。    支援プログラム ...

海外進出 販路拡大 現地調査(FS) 経営改善 体制強化

2018/10/13

Tier 2部品メーカー30年後の未来予測(世界人口の推移と電動・自動運転化)

電動・自動化が急速に変化が有りますが、30年後のTier 2メーカーはどのようになっているでしょうか?今回、Tier 2メーカーにとって30年後も成長し続けるには今何を最優先に考え、行動を起こすべきなのか等を世界人口の推移、将来の自動運転時代の生産体制等を交え考察してみたいと思います。 世界の人口の推移予測 ●2020年と2050年においての主要な人口の推移は下記のように予測できます。   【日本】 1.25憶人→1億人前後 【アメリカ】 3.3億人→4億人    【中国】14.2憶人→13.6憶人 【イ ...

海外進出 販路拡大 現地調査(FS)

2018/10/28

メキシコへの進出(熟慮要)

日系企業のメキシコへの最初の挑戦 1994年に最初のNAFTAが発効され多くの日系企業がメキシコの進出しています。外務省「海外在留邦人数調査統計(平成30年要約版)のよると昨年10月時点でメキシコ内で1,200近くの日系企業が稼働しています。又 2014年まで右肩上がりで日本からの投資が増加している(メキシコ経済省外国投資局による)2014年は23億ドル近く直接投資がされていたが、その後、減少傾向になっている。 最初のNAFTAからの動き 最初のNAFTA前は、米国カリフォルニア州との国境沿いのバハカリフ ...

海外進出 現地調査(FS)

2018/10/28

MTMUS(Mazda Toyota Manufacturing USA INC)

マツダのアメリカへの挑戦の歴史① 1987年にミシガン州南部のフラットロックに工場を建設し、稼働を始めました、当時はフォードの資本が入っておりフォードの車種が優先されていました。私はその当時マツダの広島本社で調達業務を行っていました。工場稼働において多くの地元の部品メーカーがミシガン州に進出され、それに伴い、日本食レストラン(工場食堂も含む)も一緒に進出されていました。しかしながら、時代が過ぎ、多くの部品メーカーは撤退し、マツダの系列の部品メーカーは無くなりました。現在はフラットロック工場も既にフォードの ...

海外進出 販路拡大

2018/10/4

NAFTA(北米自由貿易協定)改定と日系自動車業界の挑戦

米国、カナダ、メキシコがNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉の合意に達した。いよいよ自動車産業(Tier2、Tier3)にも新時代が到来か?アメリカ本格進出を視野に入れたグローバルレベルで勝てる仕組み作り、将来を見据えた確かな進出戦略と方向性の見極めが急務 新NAFTA(北米自由貿易協定)改定内容(予測) 1994年に発効されたNAFTAに基づき多くの日系企業がカナダ、特にメキシコに投資を行い米国内の様々な産業を支えてきました。特に米国の自動車産業への貢献は計り知れないものが有ります。しかしながら、トラン ...

海外進出 販路拡大 現地調査(FS)

2018/10/3

米国バージニア州経済開発機構<アメリカ進出候補地>

アメリカのサンベルト地帯(カリフォルニア州南部からバージニア州南部を結ぶ地帯; 航空機や精密機器等の先端技術の集積地帯)に近く、また重工業地帯(自動車産業等)の五大湖周辺、ケンタッキー州、アラバマ州にも主要な高速道路(インターステート)で繋がっており、自動車産業のほか、精密機器等の工場やビジネス拠点の立地としては最適。 とくに今後の自動車業界等にとっては、最近有力な候補先として注目の高いバージニア州についてご紹介します。 バージニア州への進出における利点及び特徴 ビジネス最優先の環境 質・価値に高い評価: ...

State Capitol Richmond Virginia

海外進出 販路拡大 現地調査(FS)

2018/9/20

【バージニア州特別協賛】バージニア州南西部視察ツアー”今だけ”

○バージニア州政府協賛(現地費用はバージニア州がご負担)! アメリカ・バージニア州ロアノークに4泊滞在する、「バージニア州南西部視察ツアー」のご案内です、是非、この貴重な機会をご活用頂き、今後の貴社の海外進出のご参考になればと、バージニア州経済開発機構及び弊社ジーアーチ株式会社共々切に祈っております。 1. 催行時期 : 12月中旬を予定(申込締切:10月末) 2. 参加資格・人数枠 : 自動車関連業界中心 最低実施人数 5名以上 3. バージニア州が負担するコスト : Roanoke市内(必要に応じて他 ...

海外進出 販路拡大

2018/11/24

アメリカ視察旅行や現地調査で最初に確認すべき7つのポイント

アメリカ視察旅行や現地調査の際、訪問先でまず最初に確認すべき7つのポイントをご紹介します。 進出のレベルの違い 進出には色々なレベルがあります。例えば ①将来を考えるとアメリカ進出を考える必要がある(日本市場拡大の停滞、其の為、販路を新たに創出する必要がある) ②アメリカ進出を検討する必要があるが、まず、現地事情等の考察が必要である(種々の理由によりアメリカ進出は決定。 ③既にアメリカ進出という方向性を決めているが、どの地域へ進出するか未定である。 ④日本の取引先から要望を受け、アメリカ進出は避けられない ...

Copyright© ジーアーチコンサルティング (GArch Consulting) , 2019 All Rights Reserved.