アジア・アフリカ・中南米

ベトナム

海外進出 サポート 販路拡大 現地調査(FS)

2018/11/18

ベトナムへの進出サポート

経済 (1)1989年頃よりドイモイの成果が上がり始め,1995年~1996年には9%台の経済成長率を記録。アジア経済危機の影響から一時成長が鈍化したものの,海外直接投資の順調な増加も受けて,2000年~2010年の平均経済成長率は7.26%と高成長を達成。2010年に(低位)中所得国となった。2011年以降,マクロ経済安定化への取組に伴い,一時成長が鈍化したが,過去数年はASEAN域内でもトップクラスの成長率を達成(2015年6.68%,2016年6.21%,2017年6.81%)。 (2)ベトナムは一 ...

海外進出 交渉 経済事情・変遷 歴史・背景・イベント 文化・慣習

2018/8/18

中国の世界遺産、中国とのビジネス交渉のコツ

中国への訪問 中国へ初めて訪問したのは1990年中頃です、その頃は、まだ中国の驚異的な経済は続いていたものの、まだまだ経済的には大国として認知されていませんでした。2008年にオリンピック、2010年に万博が開催されて、その年に名目GDP世界2位になりました。1995年頃の中国はまだまだ、古き良き中国が至る所にありました。車の数の多くなく、渋滞に遭遇したことはなく、中国での移動は非常にスムーズにできた記憶があります。今までの私のビジネスは北米を中心でしたので、不安と期待が入り、多くの地域を訪問しました。例 ...

経済事情・変遷

2018/3/30

 中国の天津 

1990年代に中国の天津に仕事で訪問しました。日本の大手流通会社が現地にあるスーパーマーケット数店を買収。これに伴い、店の運営、店の機器を入れ替えることになった関係からでした。 その当時、同会社は流通の雄として日本経済を引っ張ていました。中国経済が今後、日本にとってもプラスに動くと察知しいち早く中国への足固めをしようと考えていたと思います。 私も含め、ソフト技術者3名、合計5名の天津生活が始まりました。当時の中国はまだ経済発展を進めていく前の体制で、いい意味では、古き良き中国が存在しており、非常に友好的で ...

文化・慣習

2018/3/30

フィリピンでの苦い思い出

1990年代後半に流通機器の販売代理店設定の目的でフィリピンのマニラを3度訪問したことがあります。とても活気があり、車の渋滞が常に存在していたように思います。街にはジープニーという乗り合いバスが人々の交通手段であったと記憶しています。もともと、スペインの植民地であったため、ヨーロッパの風景も感じる所が沢山ありました。日本とは太平洋戦争関連でいろいろありましたが、基本的に親日の文化を感じました。 食事は、スペイン風、アジア風、中華風と選択肢は豊富にありましたが、私は基本的に日本食を主に食べていました。日本へ ...

交渉

2018/3/30

東南アジアでのコミュニケーション

北米だけではなく、東南アジアでも多くのビジネス経験をしてきました。特に、私の経験ですが、東南アジアは中国系のビジネスマンが中心に経済を動かしているように思います。また実態もそうでしょう。 シンガポールを出張していたときの出来事をご紹介しましょう。私の部下と2名でシンガポールで商談を行う為に出張をしました。私の部下は台湾人の母を持つ日本人で、子供のころは台湾で過ごし、北京、広東、福建語、英語、日本語が堪能です。 シンガポールでの商談は、基本は英語で進めていて、時々に彼が北京語で話していたこともありました。商 ...

現地調査(FS) 体制強化

2018/8/6

メキシコ、ガナファト州

現在、トランプ大統領の関係で、NAFTAの見直しを考えられています、同時にTPPに再度、アメリカが参加するか等の議論がなされています。しかしながら、実際、メキシコをアメリカから分離することは非常に難しい、歴史的な繋がり、かつ、多くのメキシコ人がアメリカの労働の担い手に既になっており、彼らなくしては米国経済の存続は難しいというのが多くの見方です。 日本企業が、メキシコに工場を建設する場合、特に自動車関連であれば、ガナファト州ガナファトが、進出先の候補、主要な地域としてよく知られています。理由として、多くの日 ...

体制強化

2018/3/17

ヤオハンの野望

1980年代後半、ボストンの郊外に駐在し、私の海外業務が始まりました。今回はビジネスではなくその周りの環境に関して話をしたいと思います。 その中で、ヤオハンは私にとって駐在中、掛け替えの無いサポートをして頂いた忘れることができない日系スーパーチェーンです。 ヤオハンは1929年静岡県熱海市で八百屋として創業。創業者の妻は、和田カツ。(ドラマ”おしん”のモデルになった女性です)大切な客先でもありました。本社がある静岡へは国内営業部門と一緒に2度程訪問。一度、和田会長にも面談させて頂き、非常にオーラがあり、素 ...

体制強化

2018/3/30

アルゼンチンの友人

北米、南米、欧州をみていた際、特に南米は言葉の壁、文化の壁、そして、輸入障壁の壁と非常に攻略に苦労しました。その頃、同業のドイツの会社の南米担当者とコンタクトができ、私の傘下に入り、南米の販売展開をしてもらうことになりました。彼はアルゼンチンのブエノスアイレスに拠点を構え、南米の販売展開を積極的に進め、大きな成功を私にもたらしてくれました。 その後、私は別の会社に誘われ、カナダの販売会社の社長、南米、その他の地域の責任を負うことになりました。カナダの会社で業務をしていた時に、なんと、アルゼンチンの彼からコ ...

経済事情・変遷

2018/6/19

驚異の中国

私が初めて中国本土を訪問したのは、1990年代中頃、約25年程前。その頃から最近中国に行ったのは2015年頃であり、およそ20年間の中国の変化をまじかに見てきました。 1990年代中頃の上海は、古い町並みが沢山残っていて、自動車よりも多くの自転車が道路を圧倒。タクシーも数十円という安価で使用できたので、渋滞もなく非常にスピード感をもって移動できたとの実感を持っています。 一方で、人々の服装は、まだ、人民服の様な地味な服装が主で、日本人、或は東南アジアからの旅行者はすぐに判別できました。日本食レストランの選 ...

Copyright© ジーアーチコンサルティング (GArch Consulting) , 2019 All Rights Reserved.