自動車

海外進出 サポート 販路拡大 現地調査(FS) お知らせ

2019/1/9

米国インディアナ州ビジネス支援セミナー ~ローコスト&ローリスクで米国へ事業展開する方法~(栃木県庁にて開催)

自動車関連企業をはじめとする多くのの日本企業が進出し、最も親日的な州と言われるインディアナ州は、インターステート・ハイウェイと鉄道網が集中し、米国の中央部に位置していることから「アメリカの十字路」と呼ばれています。 本セミナーでは、インディアナ州経済開発局の支援内容、日系企業の進出状況をご説明するとともに、支援の具体的活用方法をご提案します。「月額1万円以下で米国に拠点を持つ」、「無料で現地の営業、市場調査、工場設立、新規顧客開拓の支援を州関連機関から受ける」など、ローリスク、ローコストで米国にて事業展開 ...

海外進出 サポート 販路拡大 現地調査(FS) お知らせ

2019/1/9

米国インディアナ州貿易投資セミナー 新しい戦略でアメリカ市場に挑戦! ~ローコスト&ローリスクでアメリカへ事業展開する方法~(群馬県太田市にて開催)

    アメリカへの進出・輸出を検討中の中小企業経営者・海外担当者の方に最新情報をお届けします。 海外での事業展開には、様々な形態がありますが、主には以下のようなことが想定されます。  (1)自社製品の販路開拓を行いたい(直接・間接販売<販売代理店>)。  (2)販売後会社を設立したい。  (3)工場を設立したい。  これらいずれの形態においても事前準備は重要です。 今回のセミナーでは、例えば、「月額1万円以下でアメリカ拠点を持ち、さらに、無料で現地の営業支援、市場調査、工場設立の検証、新規顧客 ...

海外進出 現地調査(FS)

2018/10/28

MTMUS(Mazda Toyota Manufacturing USA INC)

マツダのアメリカへの挑戦の歴史① 1987年にミシガン州南部のフラットロックに工場を建設し、稼働を始めました、当時はフォードの資本が入っておりフォードの車種が優先されていました。私はその当時マツダの広島本社で調達業務を行っていました。工場稼働において多くの地元の部品メーカーがミシガン州に進出され、それに伴い、日本食レストラン(工場食堂も含む)も一緒に進出されていました。しかしながら、時代が過ぎ、多くの部品メーカーは撤退し、マツダの系列の部品メーカーは無くなりました。現在はフラットロック工場も既にフォードの ...

海外進出 販路拡大

2018/10/4

NAFTA(北米自由貿易協定)改定と日系自動車業界の挑戦

米国、カナダ、メキシコがNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉の合意に達した。いよいよ自動車産業(Tier2、Tier3)にも新時代が到来か?アメリカ本格進出を視野に入れたグローバルレベルで勝てる仕組み作り、将来を見据えた確かな進出戦略と方向性の見極めが急務 新NAFTA(北米自由貿易協定)改定内容(予測) 1994年に発効されたNAFTAに基づき多くの日系企業がカナダ、特にメキシコに投資を行い米国内の様々な産業を支えてきました。特に米国の自動車産業への貢献は計り知れないものが有ります。しかしながら、トラン ...

海外進出 販路拡大 現地調査(FS)

2018/10/3

米国バージニア州経済開発機構<アメリカ進出候補地>

アメリカのサンベルト地帯(カリフォルニア州南部からバージニア州南部を結ぶ地帯; 航空機や精密機器等の先端技術の集積地帯)に近く、また重工業地帯(自動車産業等)の五大湖周辺、ケンタッキー州、アラバマ州にも主要な高速道路(インターステート)で繋がっており、自動車産業のほか、精密機器等の工場やビジネス拠点の立地としては最適。 とくに今後の自動車業界等にとっては、最近有力な候補先として注目の高いバージニア州についてご紹介します。 バージニア州への進出における利点及び特徴 ビジネス最優先の環境 質・価値に高い評価: ...

State Capitol Richmond Virginia

海外進出 販路拡大 現地調査(FS)

2018/9/20

【バージニア州特別協賛】バージニア州南西部視察ツアー”今だけ”

○バージニア州政府協賛(現地費用はバージニア州がご負担)! アメリカ・バージニア州ロアノークに4泊滞在する、「バージニア州南西部視察ツアー」のご案内です、是非、この貴重な機会をご活用頂き、今後の貴社の海外進出のご参考になればと、バージニア州経済開発機構及び弊社ジーアーチ株式会社共々切に祈っております。 1. 催行時期 : 12月中旬を予定(申込締切:10月末) 2. 参加資格・人数枠 : 自動車関連業界中心 最低実施人数 5名以上 3. バージニア州が負担するコスト : Roanoke市内(必要に応じて他 ...

海外進出 販路拡大 現地調査(FS)

2018/9/16

【バージニア州経済開発機構協賛】アレンジ自在!日本語通訳とともにバージニア州への視察旅行5泊7日モデルプラン

弊社ではテーラーメイド視察旅行を提供しております。 視察のすすめ アメリカへの進出の第一歩はまず自分の目で見て、自分の耳で聞き、どのような人たちと関わりを持っていくのかを知ることから始まります。一見、アメリカは非常に広大で且つ、掴みどころがない国のように思われがちですが、決してそうではありません。明確な目的を持ち、適切な場所、団体、人に会うことができれば思った以上に選択肢が広がり、視界は大きく広がります。各州は外国企業への支援は積極的でできる限り誘致を推進していく方向性は同一であると思います、また 各州は ...

海外進出 現地調査(FS)

2018/8/11

アメリカ進出前に必ずチェックするべき項目(Tier2の部品メーカーの挑戦)

日系自動車関連会社の立ち上げ時 今回は部品メーカー、特に自動車関連の部品メーカーのアメリカ進出において必ず押さえるべきポイントを中心に述べていきます。 日系自動車メーカーは、アメリカに既に20工場以上の生産設備を持ち、Tier1及びTier2の部品メーカーも多くがアメリカ進出を果たし現地で生産を行っています。アメリカへは他国の自動車メーカーに先んじて、貿易摩擦が有ったものの、進出を短期間に推進。今では日系であるものの、アメリカ企業として認知され、多くのアメリカ労働者を雇用し、日本経済だけでなく、アメリカの ...

海外進出 現地調査(FS) 交渉

2018/8/16

アメリカへの工場進出 (進出検討の勘どころ)

アメリカへの工場進出に向けての決断(実践アメリカ進出検討の勘どころ) 日本は高い技術力を持ち、世界に誇れる多くの中小企業が歴史的にも日本の奇跡と言われる発展を支えてきたことは明白な事実です。ただ、これからの日本市場はさらに縮小していくという流れはもはやさけられない。一方で更なるボーダレス世界に拍車がかかり、相手先から見ると日本企業、外国企業との枠組みで企業価値を図ることは益々箕臼になり、本当に意味での企業力が試されることに遭遇する機会がますます増えていくことになります。それを理解した上で、今後、アメリカ市 ...

Copyright© ジーアーチコンサルティング (GArch Consulting) , 2019 All Rights Reserved.