映画

海外進出 交渉 経済事情・変遷 歴史・背景・イベント 文化・慣習

2018/8/18

中国の世界遺産、中国とのビジネス交渉のコツ

中国への訪問 中国へ初めて訪問したのは1990年中頃です、その頃は、まだ中国の驚異的な経済は続いていたものの、まだまだ経済的には大国として認知されていませんでした。2008年にオリンピック、2010年に万博が開催されて、その年に名目GDP世界2位になりました。1995年頃の中国はまだまだ、古き良き中国が至る所にありました。車の数の多くなく、渋滞に遭遇したことはなく、中国での移動は非常にスムーズにできた記憶があります。今までの私のビジネスは北米を中心でしたので、不安と期待が入り、多くの地域を訪問しました。例 ...

歴史・背景・イベント

2018/3/30

ダンス・ウィズ・ウルブズ(Dances with Wolves)

1990年のアメリカ映画でアカデミー賞作品賞を受賞した作品です。 1861年から繰り広げられるアメリカ南北戦争のフロンティアを舞台に北軍の中尉とスー族と呼ばれるインディアンとの間で交わされる心の交流を描いた西部劇です。 先住民族であるインディアンを虐殺し、バッファローを絶滅寸前まで追いやった白人中心主義のアメリカ社会に対して警鐘を鳴らすと同時にフロンティアへの敬意、郷愁を表している点で従来の西部劇と大きく違った映画でした。 ケビンコスナーが監督兼主演で、主人公の北軍中尉のジョンダンバーを好演しています。イ ...

歴史・背景・イベント

2018/6/19

ブレイブハート(スコットランドVSイングランド)

私の初めての外国はイギリスのロンドンでした。滞在中、スコットランドのエジンバラ、ネッシーが居るという、インバーネスのネス湖を訪問しました。ネッシーは発見できませんでしたが、スコットランドはロンドンと違い空気、文化、人々の趣の違いを明確に感じました。 95年にブレイブハートというメルギブソン主演の映画が公開されと心を打たれて呆然としました。そうして、イギリスはイングランド、スコットランド等と分けていることが何となく分かりました。 あらすじとしては、13世紀末、スコットランドはイングランド王エドワード1世の悪 ...

英語・語学

2018/6/19

コックニー英語、マイフェアレーデイ

イギリスに留学時に、ロンドン市内の東部(East End)に行った時、少しは英語が理解していた時でしたが、その地域の英語は全く理解できませんでした。あとで分かったことですが、その英語は、コックニー(Cockney)方言。ロンドンの下町言葉で、その当時、労働者階級が使う独特の発音を持つ英語でした。 例えば、th発音ですが、ThreeはFreeと発音します、又 hの発音ですが、基本的にコックニーではhは発音しないため、haveはaveになります。 コックニーは母音の発音がクイーンズイングリシュに比べ、より激し ...

Copyright© ジーアーチコンサルティング (GArch Consulting) , 2019 All Rights Reserved.