日本

花山車2

歴史・背景・イベント

山王祭(東京日枝神社)と日本橋再開発にみる江戸時代の繁栄と復活

江戸時代から400年続く山王祭(東京日枝神社)の二年に一度の祭礼行列(神幸祭)が東京都心の国立劇場、丸の内、日本橋、銀座を練り歩き 2018年6月8日に江戸時代から400年も続く東京日枝神社の神幸祭が行われ、氏子地域内の麹町、四谷、国立劇場、坂下門、丸ビル、日本橋、京橋、銀座、新橋、東京宝塚劇場前、首相官邸と御列が練り歩きをなされました。 神幸祭は、氏神様が地域内の氏子たちの安否を気遣って、その暮らしぶりを見て回るというもの。 当日は、ちょうど仕事で丸の内近辺にいたことから、東京駅から皇居をつなぐ行幸通り ...

販路拡大

新潟県三条市と東京都銀座の融合(匠企業の海外戦略)

日本の地方に隠された匠が有ります ゴールデンウイークに新潟県三条市を訪問しました。土地が肥沃で歴史的に食材は全方向的にレベルが高く、日本酒、米、野菜、海の幸、新潟牛、豚肉の全てが絶品でした。 一方で、過去のブログに書きましたが、多く匠の企業が存在し、東京だけではなく、ヨーロッパに向けて色々な動きをされています。其の上で、アメリカのニューヨーク、シカゴ、シスコ、ロスへ活動を広げていっていただきたいと思います。ゴールデンウイーク時にお伺いしたマルナオ株式会社には、その匠の技に感銘を受け、実際お箸を購入。さっそ ...

販路拡大 歴史・背景・イベント

新潟県三条市の匠との出会い

ゴールデンウイークを利用して、新潟県を訪問してきました。新潟県と言えば、米どころ(コシヒカリ等)、酒どころ(八海山、越乃寒梅等)は直ぐに想像できますが、実は古くから三条市、燕市の両市は江戸時代の和釘作りから発展。燕市は金属洋食器、金属ハウスウェア、三条市は作業工具、理美容器具へと発展し、現代の生活に欠かせない様々な製品の創出、高度な加工技術の研鑽により世界有数の技術集積地となっているとのことです。燕三条産業振興センター(メッセピア)では、ありとあらゆる匠の数々が展示されており、圧巻でした。 さらに今回は三 ...

歴史・背景・イベント

上野、寛永寺

先日、上野の寛永寺を訪問してきました。桜の名所として有名な上野公園からほど近くにあります。今回初めて訪れてみたのですが想像以上に周りの喧騒から一線を画す、静かな佇まいでした。 天台宗関東総本山で、創立は徳川家光によります。西の比叡山とともに近世には強大な権勢を誇っていましたが、上野戦争(彰義隊の戦い)で多くを焼失しました。彰義隊は、幕末に、徳川慶喜の警護の目的で結成された部隊です。 鳥羽伏見の戦いの後、徳川慶喜は江戸城、その後、上野寛永寺へと蟄居。その後、江戸城が無血開城し、水戸へ移った後も、彰義隊は寛永 ...

zojoji, tokyo, japan

歴史・背景・イベント

増上寺(東京芝)の節分

今年は、東京芝の増上寺の節分祭に行ってきました。何と壇上から皆さんに福を与える幸運を授かりました。午前中から始まり、各自が受付に行って、裃を着つけてもらいます。その後、お福豆をもらい、壇上からみなさんにお福分けを行う。その後、お祝い膳を食し、沢山のお土産をいただくという流れです。よい機会ですので、節分の意味について、少し調べてみました。 雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の前日のこと、節分は季節を分けることを意味しています。江戸時代以降は特に立春の前日を指す場合が多い。季節の変わり ...

歴史・背景・イベント

日本、アメリカ サンフランシスコでの地震体験

1989年サンフランシスコ、1994年ロスアンゼルス、1995年阪神大震災、2011年東日本大震災の全ての大地震を経験しました。 特に印象に今でも残っているのが、サンフランシスコの大地震です。私はサンフランシスコ湾の東部の販売代理店を訪問していました。打ち合わせが終わり、空港へ行き、ロスアンゼルスに行く予定でした。時間が切迫していたので、販売代理店の社長に空港への最短ルートを訪ねました。べイブリッジではなく、サンマテオブリッジを渡るように提言され、無事に西岸の空港へ着き、チェックインをして飛行機に乗り込み ...

Copyright© ジーアーチコンサルティング (GArch Consulting) , 2019 All Rights Reserved.