音楽

現地調査(FS) 文化・慣習

アメリカ、シカゴの特徴

シカゴは、ニューヨーク、ロスなどと違い古き良きアメリカを持ち続けている大都会であると思います。 私のシカゴとの繋がりは、アメリカへ初めて来た、1983年から始まります。大きな展示会の主催都市として、世界各国から企業を誘致。展示会場として、有名なのはマコーミック国際展示場。私が主体的に動いた機器関連の展示会も、マコーミックで毎年、ゴールデンウイーク時に開催され、20年近く、ゴールデンウイーク時は、日本に居たことはありません。でも、代休を取ってリフレッシュはできました。 シカゴは色々な人種が混在しているニュー ...

文化・慣習

ボブ・ゲルドフ(ブーンターンラッツ)

1979年イギリス留学をしていた頃、数々のロックグループに傾倒していました。もちろん、既に解散していたビートルズを初め、プリテンダー、スペシャルズ、マッドネスもとても好きでした。でも、一番、感銘を受けたのは、ブーンターンラッツのボブゲルドフの歌声。その頃、一世を風靡した歌に、哀愁のマンディ(I don't like Monday)というのがあります。同曲は、カリフォルニア州のサンディエゴの小学校で起きた事件を基にして書かれたものです。 その後、ボブゲルドフは、慈善活動に突き進み、2005年のロンドンのハイ ...

英語・語学

ロンドンへの留学(いとしのエリー)

1979年、サザンオールスターズの”愛しのエリー”が大ヒットしていた時、海外へ初めて留学渡航することになりました 。金銭的には全く潤沢ではなく、成田空港からシャルルドゴール空港行きの大韓航空でヨーロッパに向かい、空港からパリ市内の南駅に行き、鉄道でロンドンにいく計画です。 何とか南駅にたどり着き、ロンドンへの鉄道切符を買おうと思いましたが、英語が全く通じません。路頭に迷っていると、日本人の女性がフランス語で助けてくれ、何とかチケットを買うことが出来ました。そして、何とか、鉄道に乗り、ロンドンに向かいました ...

Copyright© ジーアーチコンサルティング (GArch Consulting) , 2019 All Rights Reserved.