日本の匠 イベント 事務局ブログ

カガミクリスタル(KAGAMI) で大切な人へのおもてなし

更新日:

カガミクリスタル(KAGAMI)をご存知ですか?

大切なご家族や友人へ特別な日の記念の贈り物、大事な外国人ゲストへのプレゼント、どうされていらっしゃいますか?

せっかくの特別なハレの日、例えば、フランスのバカラクリスタルも確かに素晴らしいですが、日本を代表する卓越した匠の技が輝く、カガミクリスタル(KAGAMI)も候補に入れてみてはいかがでしょうか?

カガミクリスタル(KAGAMI)とは?

  • 日本初のクリスタルガラス専門メーカー・パイオニア
  • 1934年、各務鑛三が「各務クリスタル製作所」を東京大田区蒲田西六郷1-7に創立
  • 1990年、本社・工場を現在の茨城県龍ケ崎市へ移転
  • 公式晩餐会用品 (皇居国賓正餐用食器及びシャンデリア、天皇皇后両陛下御用食器、迎賓館赤坂パレス正賓用、外務省在外公館(日本国大使館)正餐用、首相官邸正餐用)、工芸品、高級ガラス容器 等
官邸使用グラス

ブランドコンセプト "Feel Japan"

2016年秋、従前の「カガミクリスタル」から、最高級クリスタルブランドとして、「国内外の誰もが認知するブランド」に願いを込め、アルファベット表記「KAGAMI」に変更。現在のパッケージはすべて「KAGAMI」に統一されています。

最高級クリスタルメーカーKAGAMIの作る製品とは、まさに「日本の伝統と革新」。創業以来培ってきた技術力と、細部に目が届く表現力は、KAGAMIの誇り。すべての方々に、「KAGAMIを手にすることは日本を感じる事」と思っていただけることを祈念したブランドコンセプトです。(カガミクリスタルのHP、ブランドコンセプト・Feel Japanより引用)

各務鑛三 記念館

現在、本社・工場がある茨城県龍ケ崎市に創設者である各務鑛三(かがみこうぞう)の軌跡を展示した「各務鑛三記念館」があります。

各務鑛三氏について

  • 硝子工芸家。日展参与。
  • 明治29(1896)年3月、岐阜県土岐郡生まれ。
  • 昭和2(1927)年、満鉄からドイツ留学を命じられ国立シュツットガルト美術工芸学校へ入学。
  • 同校校長アイフ教授に師事しグラヴィールなどガラス彫刻を学ぶ。
  • 帰国後、工房の新設等を経て、1934年に「各務クリスタル製作所」を設立。
  • 「岩田藤七の色ガラス、各務のクリスタルガラス」で、岩田と共に硝子工芸の先駆的役割を果し、硝子工芸を工芸美術にまで高めた。(出典:『日本美術年鑑』昭和61年版(262頁)参照、一部抜粋)

カガミ銅像

カガミ博物館

宮内庁御用品等、貴重な展示品の数々

皇室グラス左

カガミクリスタル工場見学

記念館と共に敷地内では工場見学も可能。建物正面の左からクリスタルガラスのカット工程、右からクリスタルガラスの成形工程が見学できます。

カガミ工場正面奥のカガミクリスタルの工場

江戸切子作業3行程江戸切子の制作工程

カガミクリスタルの切子士と伝統工芸士

ガラスの中でも一番高級なクリスタルガラスをベースにしたグラヴィール彫刻や江戸切子等、卓越した匠の技が創り出す作品の数々は、すべてが職人による手作り

日本の公式晩餐会で用いられているほか、日米首脳会議でアメリカのオバマ大統領に安部首相がカガミクリスタル製の江戸切子を贈呈した話、イギリス王室Royal Windsor Cup(ポロ競技)のトロフィーに採用される等、数えきれないほど。

江戸切子江戸切子・伝統工芸士 篠崎英明 氏の作品(カガミクリスタル冷酒杯)

大倉陶園(創業100周年)とカガミクリスタル(KAGAMI)との共演

2018年9月、カガミクリスタルは、ゆかりのある日本を代表する洋食器メーカー大倉陶園の創業100周年(来年2019年5月)に向けたコラボレーション商品をリリース。ランプシェードがカガミクリスタル製、台座が大倉陶園製の「ランプスタンド(ブルーローズ)」等、稀有な日本の匠のコラボ作品は必見。

カガミクリスタルは大倉陶園の創業者である大倉和親 氏のバックアップのもと、昭和9年に東京都大田区蒲田の大倉陶園に隣接する土地に各務クリスタル製作所として誕生。以来、互いに最高級品の食器を造り続けて参りました。現在、大倉陶園は横浜へ、カガミクリスタルは茨城の龍ケ崎へ、それぞれ移転を致しましたが、創業100周年を迎えられるにあたり、ゆかりある2社による「大倉陶園×カガミクリスタル」 のコラボレーションが実現致しました。(カガミクリスタルのHP、「大倉陶園×カガミクリスタル」より引用)

株式会社 大倉陶園とは?

来年2019年5月に創業100年を迎える日本における最高級の洋食器メーカー。

1919年に東京大田区に大倉孫兵衛(おおくらまごべい)・和親(かずちか、初代現ノリタケカンパニーリミテド社長)父子が「欧州のブランドに負けない一層美術的価値の高い磁器を作る」を目的に、私財を投じて東京大田区に創立。現在は神奈川県横浜市戸塚区。

日本の貿易業界の草分けともいうべき「森村組」をルーツとした、森村商事株式会社、株式会社ノリタケカンパニーリミテド、TOTO株式会社、日本ガイシ株式会社、日本特殊陶業株式会社、株式会社大倉陶園の各社で世界最大のセラミック集団を構成(大倉陶園のHP、グループ会社より引用)

大切な方への特別なギフト、おもてなしに

カガミクリスタルでは、名入れから、法人の各種記念品等のオリジナル商品等の特注も可能。

ぜひ、大切な方の特別な門出(婚礼、退職、還暦、米寿)のお祝いの品、法人の記念品、海外からの大事なゲストへのおもてなしや贈り物等をご検討の際は、バカラも素晴らしいですが、日本を代表するカガミクリスタルの江戸切子等も候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

とくに、現在世界的にCool Japanブームで人気が高まりつつある和食と日本酒のシーンを更に豊かに彩る酒器。赤、青、緑、金色等、色とりどりの江戸切子細工の華やかな徳利、コレクターも多い冷酒杯の数々は、世界に誇れる日本の匠の逸品として有名。

全国各地の百貨店等やオンラインショップでも可能ですが、機会があれば、ぜひ一度、様々な逸品が揃う銀座ショップ、記念館や工場見学も可能な茨城県本社にお立ち寄りいただき、日本の職人が手作業で作る珠玉の数々をご覧いただくことをお勧めします。

銀座ショップ

  • 〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル1階
  • TEL 03-3569-0081 FAX 03-3569-0082
  • 営業日時:月~金 :11:00~19:30 土・日・祝:11:00~18:30
  • 休業日:木曜日

本社ショップ

  • 〒301-0852  茨城県龍ケ崎市向陽台4丁目5番地
  • TEL 0297-64-7111 FAX 0297-64-7611
  • 営業日時: 月~土 9:00~17:00 
  • 休業日:日曜日・祝日・夏季・年末年始

銀座三越にて江戸切子フェア

銀座ショップ等、カガミクリスタルでは、度々各地で伝統工芸士とのコラボフェアが行われております。例えば2018年9月5日から11日まで、銀座三越で、カガミクリスタル江戸切子フェアを開催。8日・9日の週末には、江戸切子伝統工芸士の鍋谷聰 氏によるカット実演、職人の技を間近に見ることが可能。こうした稀有な機会を見つけたらぜひお見逃しなく。

法人・個人のテーラーメイド旅行なら

ジーアーチ トライデント・ツアーズ

※思うがままに自由に検索できるワンランク上のPrestigeな海外・国内旅行モデルプランを見に行く

-日本の匠, イベント, 事務局ブログ
-, ,

Copyright© ジーアーチ株式会社(GArch Corporation)  , 2018 All Rights Reserved.