旅のよくあるQ&A

ベニス

ここでは、当社の代表コンシェルジュが、イタリア旅行・フランス旅行・スペイン旅行についての疑問にお答えします。旅慣れていない方も、何度もヨーロッパへ足を運んでいる方も、まずはご一読ください!

【準備編】 【手配編】 【旅行編】 【トラブル編】

まずは旅の準備から…
 
【準備編】
Q:ヨーロッパ旅行に、最低限必要なものは何ですか?
A:有効期間を満たしているパスポート航空券(Eチケット控)、お金(現金、クレジットカード)さえあれば、旅行そのものは成立します。
もちろん事前準備をするに越したことはありませんので、旅行前の持ち物チェックをご参照ください。
パスポートをまだお持ちでない方は、外務省のホームページに作成手続き方法の記載がありますので、ご覧ください。
Q:パスポートの有効期間があと1ヶ月しか残っていませんが、ギリギリ利用できますよね?
A:…いいえ、残念ながら、イタリア・フランス・スペインなどシェンゲン協定国への滞在につきましては、パスポートの有効期間が「シェンゲン協定国からの出国予定日から3か月以上」残っている必要があります。有効期限が近いパスポートをお持ちの方はくれぐれもご注意ください。
Q:現地でクレジットカードは利用できますか?
A:イタリア、フランス、スペインにつきましては、日本よりもクレジットカードは普及しています(スーパーマーケットや本屋さんなど、ちょっとしたお買い物の時でも利用できます)。VISAカードをお持ちでしたらまず問題ないですし、VISAカードを利用して現地の銀行ATMから現金を引き落とすこともできます。
ただ、公共交通機関や、ちょっとした雑貨屋さんやキオスクなどでは、現金払いのみの場合がほとんどですので、必ず現金も持参するようにしてください。
なお、額の大きい紙幣で、たくさんのお釣りをもらおうとすると嫌がられることがあります。
なるべく小額紙幣を多めに持たれることをおすすめします。
Q:円からユーロへの両替は、レートがいい現地でした方がいいですよね?
A:…まず、一般論ですが(もちろん銀行や両替所によってもレートは異なりますのでご了承ください)、両替レートの良い順番は
 現地街中両替所>現地空港両替所>日本街中両替所>日本空港両替所
となります。
とは言え、劇的にレートが違うというわけではありません。個人的な意見としては、
時間が限られた海外旅行なので、現地の両替所を探したり並んだりすることに時間を費やすのは、大きな時間のロス
海外で両替の際に大金を人前で出すのは、何かと不用心になりがち
この2つの理由から、時間に余裕がある日本国内で、あらかじめ両替をお済ませになることをおすすめします。
Q:海外旅行保険ですが、クレジットカード付帯の保険があるから大丈夫ですよね?
A:…確かにクレジットカードにも海外旅行保険に該当するものは付帯されております。
ただ、一般的には保険の範囲が薄いものが多いですし、保険の対象となる条件が細かいですので(例:必ず当該のカードを利用して支払いをしなければならない、など)、お持ちのクレジットカードの海外旅行保険がどういう条件設定なのか、必ずお客様ご自身でご確認ください。
当社では、日本ご出発前に予め、別途、海外旅行保険に加入されることをおすすめしております。
当社からもお申込みいただけます。
以下宣伝となりますが、当社では「エイチ・エス損保」と契約しておりますので、内容などにつきまして以下バナーをクリックしてご参考にしてみてください。
(お申込書に記入するタイプのお取扱いもございますので、お気軽に当社までお問い合わせください)

旅行会社へ、旅の手配をお願いしよう!でも日本と勝手は違うかも?
 
【手配編】
Q:飛行機の座席を隣同士にしたいのですが、可能でしょうか?
A:これは航空会社や航空券の種類によりけりです。日本発着の国際線において、事前シートリクエストが可能な航空会社の場合は、前方・後方、窓側・通路側など、ご希望がありましたら遠慮なくお知らせください。ご希望に合わせてシートリクエストを入れさせていただきます(その段階で既に席が埋まっていて、ご希望に沿えない場合もございますのでご了承ください)。
当社では、シートリクエストに追加料金を申し受けるといったことは、一切ございません。(航空会社がシートリクエストをそもそも有料にしている場合を除く)
※2017年3月追記:事前シートリクエストを有料にしている航空会社が着々と増えています。ご注意ください。
 
※なお、シートリクエストは、あくまで「リクエスト」です。確約ではありませんのでご注意ください。航空券に連番でお席の番号が印字されていても、航空会社の判断により、リクエストをしていたお席が実際は割り当てられていない場合もございます(航空会社事情による急な機材変更、上級マイレージ会員の割り込み、家族連れのシートの割り振りなどの理由により)。それに関する問題につきましては、旅行会社の管轄外となりますので、当社では責任は負いかねますのでご了承ください。
※なお、一部航空会社では、格安航空券の場合は最初から事前シートリクエストを受け付けていないケースもございますので、ご了承ください。
(もちろん、この場合は他のお客様も同条件のため、お早目にWEBチェックインの際にシートを確保されると良いでしょう。)
Q:ホテルのお部屋は、ツインベッドを確約していただきたいのですが?
A:ヨーロッパの場合は、あいにくダブルベッドとツインベッドの概念の違いがございません。
その理由で、(もちろんご希望の場合、当社でも「ツインベッド希望」のリクエストはお出ししますが)お部屋の割り振りを行うのは当日のフロントスタッフですので、最初からツインベッドのお部屋として金額設定がされている場合でもない限り、確約することはできません
(特に、カップルでのご旅行にもかかわらずダブルベッドではなくツインベッドを希望されることについては、ヨーロッパの人々は理解に苦しむようです。)
ただ、ヨーロッパのホテル業界で、「日本人がツインベッドを好む」という傾向が大分知られてきているため、最近はリクエストがあれば優先的にツインベッドのお部屋に通すことが多く、また、ダブルベッドと言っても、実際はベッドの真ん中から分けられるセパレートタイプのベッドが増えてきているため、お客様ご自身でもベッドをずらして対応することは可能ではあります。
ただ100%ではありませんので、どうしても気になる方はシングルルームをご利用になると良いでしょう。
Q:バスタブ(浴槽)のあるお部屋を確約していただきたいのですが?
A:こちらも残念ながら、確約の出来ないリクエストとなります…。
ヨーロッパの場合は、「バスタブの有無は、お部屋の調度品のデザインの違い程度の差異」としか認識されておりません。
5つ星クラスのホテルでさえ、バスタブの無いシャワーのみのお部屋も珍しくありません。
そのため(当社では自動的にバスタブのリクエストはお入れしていますが)、上記ツインベッドと同様、お部屋の割り振りを行うのは当日のフロントスタッフですので、最初からバスタブが含まれているお部屋として金額設定がされている場合でもない限り、確約することはできません
ただ、ヨーロッパのホテル業界で、やはり「日本人がバスタブを好む」という傾向が大分知られてきています。
最近はリクエストがあれば優先的にバスタブ付きのお部屋に通すことが多いです。
ヨーロッパのホテルにバスタブが無い場合が多いというのは、完全に地中海世界の文化的背景が影響していますので、その辺りご理解ください。
Q:朝食付きのホテルを確約していただきたいのですが?
A:これに関しては最初の段階から確約できます。当社の場合、お客様から特にお申し出がない限りは、朝食付きのホテルをご提案とさせていただいております。
ただ、注意したいのは、イタリア・フランス・スペインとも共通していますが、余程の超高級ホテルでも無い限り「朝食はシンプル」であることです。
「朝は軽く、昼と夜にがっつり食べる」というのが伝統的なスタイルです。
日本の旅館やシティホテルのような品数豊富な充実した朝食は、期待しない方が精神衛生上良いと思います。
Q:特定の時期だけ、妙にホテル代が高いのですが…
A:国際見本市、国際会議、ファッションショー、地域のお祭りなど、「ホテル代が高くても、問題なくお客様が来る」時期につきましては、その当該都市のホテル代が高騰する場合があります。街も大変混雑します。特にそういったイベントに関心がなく、スケジュールの調整が可能な場合は、これらの時期は避けた方が良いでしょう。

いよいよ旅行へ出発!旅行中についての疑問。
 
【旅行編】
空港へは何時間前に着いていればいいですか?
国際線の場合は、ご出発の2時間前までに、EU/国内線の場合はご出発の1時間30分前までには、空港でチェックイン手続きを終えられることをおすすめします。
また、現在はほとんどの航空会社でWEBチェックインが可能です。シートの場所を変えることが出来る、空港チェックインの際に長い列に並ばなくても済む、(一部航空会社では)追加料金でお席のアップグレードが出来たり、機内食のアップグレードが出来たりと、何かと便利ですので、ぜひ各航空会社のホームページから試してみてください(お客様ご自身の責任においてお願いいたします)。
※「必ずWEBチェックインをしなければならない」という意味ではありません。
Q:海外の空港での乗り継ぎが初めてで心配です。
A:いえ、心配は要りません!他にも同じように乗り継ぎをする搭乗者はたくさんいらっしゃいます。空港到着後に「TRANSIT」あるいは「TRANSFER」と書かれた標識(飛行機のマークがついていることが多いです)に向かっていけば、そのままの流れで問題なく手続きはできます(そういう意味では、旅行に必要な基本的な英語は予めチェックしておいてください)。
航空券(Eチケット控)に便名が記載されています。到着空港には至る所にモニターがあり、便名とゲート番号が表示されていますので、そのゲート番号に向かって進んでいただければ問題ありません。
もしご不安でしたら、日本発着のヨーロッパ国際線には必ず日本語が話せるフライトアテンダントが同乗しておりますので、機内で到着前に尋ねてみてください。
Q:ホテルのチェックインの際に、クレジットカードの提示を求められた!怖い…
A:ホテルによっては(全てではありません)チェックインの際にクレジットカードの提示を求められる場合がありますが、特に心配いりません。
これは、「デポジット(保証)」の代わりで、お客様がお部屋の備品を持って行ってしまったり、ミニバー利用料や電話代を支払わなかったり、といった際に、そのクレジットカードから引き落とされるといった性格のものです。
Q:ホテルでインターネットは利用できますか?
A:無線のWIFIが(おそらく日本以上に)普及しています。ホテルによって「お部屋の中で利用可能」「ホテルロビーでのみ可能」の違い、あるいは有料・無料の違いはありますが、現在はどのホテルでも何かしらのネット環境が備えられていると考えて差し支えありません(ただし、回線の太さはあまり期待できませんので、大容量を取り扱うのには不向きです)。利用方法についてもホテルによってまちまちですが、ほとんどの場合、まずは「ホテルフロントに、WIFIのIDとパスワードを聞いて、それを入手する」必要があります(気の利いたホテルフロントの場合は、こちらから聞かなくても教えてくれる場合もありますが)。後はお持ちの端末で設定してください。
もちろん、デスクトップ端末が備え付けられているホテルもあります(ただし、ほとんどの場合日本語の入力はできません)。
Q:チップは必要ですか?
A:以下個人的な意見ですが、「特に必須ではありません」。※注:ヨーロッパの場合です。アメリカ、カナダなどチップ文化の国の場合は状況は異なりますのでご注意ください。
昔はともかく、カフェやレストランのウェイター、ホテルの従業員など、現在はサラリーマン化していますので、「チップが主な収入」ではありませんので、気にしなくても問題ありません。
(日本の旅館のような「枕銭」は必要ありません。コインを枕元に置いて外出しても、帰宅するとコインがテーブルの上にきれいに置かれていることがほとんどです。)
ただ、お客様サイドからお願いして、特別なサービスをしてもらった場合(例えば、ホテルでポットのお湯を持ってきてもらったり、何かを買ってきてもらったり、など)は、チップが発生するシチュエーションとなります。
もちろん、カフェやレストランで、食事やサービスに満足した際に、自発的にチップを残されても問題ありません。
Q:タクシーは安全ですか?
A:注意点がいくつかありますが、それさえクリアしていれば安全だと個人的には思います。
必ず正規の乗り場(「TAXI」と書かれた標識が出ています)から乗る
空港や駅で、タクシーの呼び込みをしている運転手を見かけることがありますが、それは無視して、必ず正規の乗り場に並んでタクシーに乗ってください。
(またイタリア・フランスにおいては、基本的に「手を上げて止まってもらう」ということはありませんので、空港や駅、街の広場などにあるタクシー乗り場から乗るか、予めホテルやレストランなどにタクシーを呼んでもらって乗る必要があります。)
乗車後、必ず、メーターが作動しているか確認する
用心するに越したことはありませんので、メーターが作動していない場合は必ず運転手に確認してください。
もちろん、タクシーでのトラブル事例を聞いたことも、何度もあります。
もしご不安でしたら、送迎車専用サービスのご利用もどうぞご検討ください。
最初から時間指定でお手配とさせていただきますし、また現地日本語対応の緊急連絡先の電話番号もございます。
Q:ドレスコードはどこまで気を使うべきでしょうか?
A:ヨーロッパの場合は、服装で人を判断することが多いです(第一印象として)。高級なレストラン、高級なホテル、ナイトスポット(カジノやナイトクラブ)などを利用する場合は、やはり男性はジャケットにネクタイは最低限必須となります。場所によっては、場違いな服装の時は入場を断られることもありますのでご注意ください。
Q:とにかく治安が不安なのですが、大丈夫でしょうか?
A:治安については人によって感じ方はまちまちなため、個人的意見になりますが、「普通にしていれば、特に問題ありません」。
イタリア・フランス・スペインとも、基本的に、観光客を狙った銃やナイフが用いられる凶悪な犯罪はまず起こりませんので、その点はご安心ください。
(一時期話題となっていたマドリードの首絞め強盗なども、現在ではほとんどありません。)
ただ、スリやひったくり、置き引きといった軽犯罪は、どこでも起こりえます。
特に、駅や観光地と言った、人の出入りが激しい場所は要注意です
貴重品は、分散してお持ちになるなど工夫するなどして、必ず用心してご管理ください。
また「普通にしていれば、特に問題ありません」と書きましたが、もちろん日本とは異なります。
ハンドバッグのファスナーを開けたままにしたり、後ろのポケットに財布を入れて歩いたり、スーツケースを床や地面に置いて目を離したり、といったことは厳禁です。
なお、田舎に行けば行くほど、安全度は上がります。都会と違って仕事がないため、近隣国から移民がやってこないからです。
Q:ホテルの水道水は飲めますか?
A:イタリア、フランス、スペインの場合、よほど質の低いホテルでも無い限り、味にこだわらなければホテルの水道水は飲用に適しています。ただ、日本の軟水と違って硬水ですので、成分が強い場合、人によっては合わない場合もありますのでご注意ください(その場合はミネラルウォーターをご購入ください)。
Q:会社の人々や知り合いからお土産を頼まれている。はっきり言って煩わしい。
A:仲のいい相手へのお土産選びは大変楽しいものですが、会社の人々や知り合い相手に、義理で仕方なくお土産を購入するのは、時間もかかりますし大変面倒ですよね…
そういった相手へお土産を買わざるを得ない場合は、個人的には以下2つの方法が良いと思います。
 
帰りの空港のお土産売り場で買う
結構色々と売っていますので、余ったユーロのお金を使い切る目的も含めて、飛行機の待ち時間に購入されると良いでしょう。
旅行の途中ににまとめて買ってしまうと、荷物が重くなったりかさばったりして後の旅行に支障をきたすことがありますので、なるべく負担の軽い空港での購入をおすすめします(街中で買うよりは多少割高ですが)。
おみやげカタログを利用する
割り切って、日本にいる間におみやげカタログから注文してしまいましょう。当然現地で購入するよりは割高になりますが、荷物の心配や現地で買い物に割く時間も気にする必要がありません。当社でも取り扱いがございます。
以下宣伝となりますが、当社ではJTB商事の「世界のおみやげ屋さん」と契約しておりますので、内容などにつきまして以下バナーをクリックしてご参考にしてみてください。
(お申込書に記入するタイプのお取扱いもございますので、お気軽に当社までお問い合わせください)
http://www.e-omiyage.net/?FromSite=2512910491

トラベルにはトラブルが付き物ですが、さて、どうしましょう…。
 
【トラブル編】
Q:地震や、台風などの悪天候。欠航だろうし空港に向かわなくてもいいですよね?
A:…いえ、セルフジャッジはせずに、必ず、予定通り空港へ向かってください
チェックインカウンターで、空港職員の指示がありますので、必ずその指示に従ってください。
飛行機が予定通り飛ばない場合でも、ほとんど、遅延して出発したり、他航空会社便に振り替えられて出発したりできます。
Q:旅先でパスポートを紛失してしまいました。どのような手続きをすれば良いでしょうか?
A:お気の毒です…。パスポートが無いと帰国できませんので、面倒でも、以下リンク先を参照の上、必ずご自身にてお手続きください。
【イタリア】在イタリア日本国大使館(ローマ) (+39)06 487991
【イタリア】在ミラノ日本国総領事館(ミラノ) (+39)02 6241141
【フランス】在フランス日本国大使館(パリ) (+33)01 48886200
【フランス】在マルセイユ総領事館(マルセイユ) (+33)04 91168181
【フランス】在リヨン出張駐在官事務所(リヨン) (+33)04 37475500
【スペイン】在スペイン日本国大使館(マドリード) (+34)91 5907400
【スペイン】在バルセロナ総領事館(バルセロナ) (+34)93 2803433
※バチカン、サン・マリノ→在イタリア日本国大使館が兼轄、モナコ、アンドラ→在フランス日本国大使館が兼轄しています。
Q:航空券のEチケット控えを紛失してしまいました。どのような手続きをすれば良いでしょうか?
A:ご心配はいりません!現在は航空券はコンピュータ管理されておりますので、もし印刷物のEチケット控えを紛失したとしても、予約番号やチケット番号があれば、WEB上でデータを呼び出し印刷することができますので、ご安心ください。
Q:ホテルからオーバーブッキングと言われ、予定のホテルに宿泊できません。
A:航空会社やホテルは、予約者のキャンセルが出ることを前提として、実際の許容量よりも多い予約を受け付けていることがありますが、実際当日になってみると、想定よりもキャンセルが出ずに予約者の方があふれてしまうことがあります。これがオーバーブッキングです。ほとんどの場合、そのホテルは星の数が同じ同条件のホテルへ振り替えますが、内容に納得が出来ないこともあるかと存じます。その場合は必ず、バウチャーに記載されている現地緊急連絡先の電話番号へお電話ください(当社経由でホテル手配をしている場合)。
なお、一旦ホテル側の申し出を受け入れて振替ホテルに宿泊してしまった場合、「お客様が納得した上でそのホテルへ移動した」ものとみなされます。疑義がありましたら、安易に受け入れず、必ずその場で交渉するか、現地緊急連絡先へ連絡してください
Q:ホテルチェックインの際に、予約確認書(バウチャー)を見せても、予約が無いと言われました。
A:旅行会社がホテルの手配をしている場合は、必ずバウチャーに予約番号が入っています(一部例外あり)。姓と名がホテル側で逆に認識されていないか、再度確認をするようホテルフロントスタッフへ尋ねてください(旅行会社の手配ミスと思い込んで、一方的に旅行会社を恫喝するのは止めてください)。それでも解決しない場合は、バウチャーに記載されている現地緊急連絡先の電話番号へお電話ください(当社経由でホテル手配をしている場合)。
よくあるケースとしては、「そのホテルにおいて、宿泊者が手配の段階で何度か宿泊日や日数の変更を繰り返している場合」、ホテル側が混乱して正確な意図が伝わっていないことがあります。ヨーロッパのホテルは、一番最初の予約情報を大切に保管しているため、ホテルフロントスタッフがそのデータだけを見て「予約が無い」と告げている場合があります。その場合は、必ず、バウチャーを見せるだけでなく、「何月何日から何泊である」旨をコミュニケーションしてください。
Q:盗難に遭ってしまいました。どのような手続きをすれば良いでしょうか?
A:まずは必ず最寄りの警察署にて盗難届を出し、書類を作成してもらってください。そしてご加入されている海外旅行保険会社へ連絡し、その後の手続きについて指示を仰いでください。
また、クレジットカードの盗難被害に遭った場合は、必ずカード会社へ連絡をして、カードを無効にしてもらうよう手続きをしてもらってください。
Q:ホテルチェックインが、予定よりも遅い時間になりそうですが、大丈夫でしょうか?
A:交通機関の遅延などで、ホテル到着が予定よりも大幅に遅れる可能性がある場合は、ホテルへ直接その旨連絡するか、あるいはホテルバウチャーに記載されている現地緊急連絡先の電話番号へお電話ください(当社経由でホテル手配をしている場合)。無連絡でホテルへ深夜に到着した場合、キャンセルしたものとみなされ予約記録を消される場合がありますのでご注意ください。
目安としては、イタリア・フランスは20:00以降の到着に、スペインは21:00以降の到着に変わりそうな場合は、必ずお客様ご自身にてホテルや緊急連絡先へ連絡してください。
なお、当社経由で航空券・初日ホテルのお申し込みをされた場合は、必ずホテルへは(到着が遅い場合は)予めお客様の到着便名と時間情報を伝えておりますので、ご安心ください。
  1. 中世の天空の村アルバラシン、恋人伝説の街テルエル、ピラールの聖…

    2019.10.07

  2. アラゴン、バレンシアで「スペインの最も美しい村」を訪問!「恋人…

    2019.10.04

  3. ティラミス、プロセッコ、グラッパ、生ハム、オーガニックワイン、…

    2019.10.03

  4. 北東イタリア・フリウリにて日本語アシスタントと共に生ハム工房、…

    2019.10.02

  5. ヴィチェンツァにて食と建築を楽しもう!日本語アシスタントと共に…

    2019.10.02

  1. フレシネのカヴァ、そしてモエ・エ・シャンドンのシャンパン…2ヶ国…

  2. マルベーリャに滞在しながら日本語アシスタントとともに周辺観光!…

  3. 五能線の鉄道の旅、白神山地、弘前…観光ガイドとともに青森県西部を…

  4. エミリア・ロマーニャでグルメを満喫!日本語アシスタント同行で、…

  5. 【オハイオ州政府協賛】アレンジ自在!日本語通訳とともにオハイオ…

  1. スペインのセビリア

    イベリア半島各都市で民族音楽を満喫!フラメンコに、ファドに…グラ…

  2. ルーヴル美術館本館、ルーヴル・ランス、ルーヴル・アブダビ…3ヶ所2…

  3. スペイン・ヘレス・デ・ラ・フロンテラ

    大人の社会見学!シェリー酒の本場へレスにて、ティオ・ペペで有名…

  4. サグラダ・ファミリア、グエル公園、カサ・ミラなど…主要観光地入場…

  5. 「赤毛のアン」の舞台・プリンス・エドワード島、城塞都市ケベック…

カテゴリー

Translate »