カタルーニャの冬の味覚・焼きネギ「カルソッツ」

僕が2015年3月にスペイン・バルセロナを訪問した際、冬のカタルーニャ地方の味覚として日本でも少しずつ知られ始めている焼きネギ「カルソッツ」を食べる機会に恵まれました。

場所はスペイン広場近くのレストラン「Mussol」。
グリルされたカルソッツが、素焼きの器に乗せて紙に包まれた状態でサーヴされます。

紙を開くと、焦げ目が付くまで焼かれたカルソッツがその姿を現します。
いよいよその味を楽しめるかと思うとワクワクしますね。

いざグリルされたカルソッツを目の前にするとやはりテンションは上がります。
一見長ネギの種類のようにも見えますが、実際は品種としてはタマネギに近いです。

手でネギの外側の焦げた部分を外すと、中の白い部分が現れます。
その白い部分をロメスコソース(ナッツやトマトで作られたソース)につけて食べるのですが、ネギの甘い味覚とソースの旨味が絶妙で、大変美味しくいただきました。

実のところ僕はタマネギは苦手な食べ物のひとつなのですが、このカルソッツはそんなことも全く気にならずとても美味しかったです。とてもいい経験になりました。

ネギやタマネギが嫌いな方でも、避けずにカルソッツは試してみる価値があると思います。

大体11月~4月の時期に限定される、カタルーニャ州の冬の味覚。
冬にバルセロナなどカタルーニャを訪れる機会がありましたら、本場でB級グルメのカルソッツを味わってみてはいかがでしょうか。

最新のブログ更新情報を受け取る

ジーアーチ・トライデント・ツアーズ

ロゴ
イタリア、フランス、スペインへの個人旅行…
アメリカ、カナダへの業務渡航…
Prestigeなテーラーメイドでの旅なら、弊社におまかせください!