ザグレブにて「クロアチア・ナイーヴ・アート博物館(The Croatian Museum of Naïve Art)」を訪問!

僕が2017年12月にクロアチアの首都ザグレブを訪問した際、滞在プログラムの一環としてザグレブ旧市街にあるクロアチア・ナイーヴ・アート美術館(The Croatian Museum of Naïve Art)へ入場しました。
http://www.hmnu.hr/

1952年に創立された世界最古のナイーヴ・アートの美術館で、クロアチア国内外の絵画・彫刻・素描・版画など1800点以上の作品を所蔵しています。(常設展示はそのうち約80点)

そもそも「ナイーヴ・アート」とは一体何でしょうか?

以下「アートスケープ」サイト内の「ナイーヴ・アート/素朴派」の項目を一部引用します。

正式な美術教育を受けたことのない作家によって制作され、独学ゆえにかえって素朴さや独創性が際立つ作品をさす。

詳細はこちらアートスケープのリンク先をご参照ください。

 

さてクロアチア・ナイーヴ・アート美術館では、ハンガリーとの国境に近いクロアチアの村で生まれた素朴絵画フレビネ派の作品が、展示の核をなしています。
伝統的な美術教育を受けていない素朴な目線によって製作された主に1930-60年代の絵画から、当時のクロアチアの農村風景を感じることが出来ます。
以下館内に展示されていた一部の作品の画像です。

この美術館は旧市街に立地しているのでアクセスも便利です。
見どころ満載のザグレブを訪れた際は、絵画に関心がある方もそうでない方も、クロアチア・ナイーヴ・アート美術館へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

※追記:2020年1月1日より残念ながらクロアチア・ナイーヴ・アート美術館は閉館中です。
一般公開の再開に期待しましょう!

最新のブログ更新情報を受け取る

ジーアーチ・トライデント・ツアーズ

イタリア、フランス、スペインへの個人旅行…
アメリカ、カナダへの業務渡航…
Prestigeなテーラーメイドでの旅なら、弊社におまかせください!