2015年7月・インドネシア・バリ島入出国手続き情報!

(このテキストは2015/7/16に別メディアへ投稿した内容を一部改変したものです)

東京は暑い日々が続いていますね… 皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて当社トライデント・ツアーズは、夏期休業も終了し、昨日より通常通りの営業を再開しております。

当社の旅のコンシェルジュは、夏休みを利用して海外へ滞在。

ひょんなことからキャセイ・パシフィック航空を利用して、今回の目的地は… インドネシアのバリ島!

ちょうどラウン山の火山灰の影響による空港閉鎖にひっかかりそうにもなりましたが、悪運強く避けることが出来、無事デンパサール空港を利用して予定通り入出国することができました。

イタリア・フランス・スペイン個人旅行専門店のトライデント・ツアーズにとって、インドネシアはメインで取り扱いを行っているわけではありませんが、今年に入って色々と日本人観光客のインドネシア入出国の流れが変わっておりますので、何かの参考になればと、当ブログで記したいと思います。

(バリ島・デンパサール空港に限定しておりますので、ご了承ください。また2015年7月現在の情報です。以降変更になる場合もありますのでご注意ください。)

【入国】

2015年6月12日より(30日以内の観光目的で入国する場合に限り)日本人の観光ヴィザ取得の必要が無くなりました。

http://www.id.emb-japan.go.jp/oshirase15_11.html

これまではヴィザ取得のために35ドルの手数料が必要でしたので、以前よりもリーズナブルにバリ島を訪れることが出来るようになりました!

また、税関申告書への記載、提出はこれまでと変わりませんが、「入出国カード」は廃止になっております。

http://www.id.emb-japan.go.jp/oshirase15_04.html

※デンパサール空港では2015年4月1日から廃止になっているとのことです。

必要書類が減り、楽になりましたね!

【出国】

上記の通り入出国カードが廃止になっておりますが、それに加え、これまでは空港にて支払いが必要だった出国税20万ルピアが、2015年3月出発以降、必要なくなりました!

と言っても、完全免除という訳では無く…

日本で購入した航空券に既に含まれていますので、事前に出国税を支払っていることになります。

↓ 以下ジャカルタの空港の記事ですが、デンパサール空港の場合も同様です。
https://www.jal.co.jp/info/inter/150126.html

ただ2月以前の航空券発券分の場合は、支払い代金に出国税が含まれていない可能性がありますので、そのチケットをお持ちの場合は必ず購入先へご確認ください。

↑ デンパサール空港でチェックイン手続きをすると、このように搭乗券に「出国税20万ルピア支払済み」のスタンプが押されます。

「出国税現地支払のためだけに20万ルピアを手元に残す」という作業がいらなくなり、余計な心配ごとが1つ解消されました!

そして、【入国】の項目にも記載した通り、「入出国カード」は廃止になっています。

いかがでしょうか?

以前と比べて、大分バリ島・デンパサール空港への入出国が楽になりましたね。

こういった事情は、当社がメインとしているイタリア・フランス・スペインへの入出国とは異なる部分が多いため、僕自身も本当に勉強になりました!

最新のブログ更新情報を受け取る

ジーアーチ・トライデント・ツアーズ

イタリア、フランス、スペインへの個人旅行…
アメリカ、カナダへの業務渡航…
Prestigeなテーラーメイドでの旅なら、弊社におまかせください!